浅蔵五十吉美術館 外観 浅蔵五十吉美術館 外観
浅蔵五十吉美術館 美術正面玄関
美術正面玄関
浅蔵五十吉美術館 展示室内部
展示室内部

石川県寺井町出身の陶芸家で、1996(平成8)年に文化勲章を受けた浅蔵五十吉(あさくら・いそきち)氏(1913~1998年)の、平成時代を中心とした代表作を展示しています。

 建物は、浅蔵氏と親交のあった池原義郎氏の設計で、浅蔵氏の精神や作風を反映した雰囲気を持っています。
 自然林を生かしたシンプルな外観に加え、正面玄関には円形の池を配し視覚的に奥行きと広がりを持たせています。1994年に中部建築賞、翌95年には建築業協会賞を受けました。

▶ 展示案内

浅蔵五十吉の世界

浅蔵五十吉
浅蔵氏の作陶風景

 浅蔵氏は、長い歴史と伝統を誇る九谷焼の流れを受け継ぎながら、意匠、技法、形態それぞれに新たな工夫を重ね、現代感覚を生かした独自の作品世界を見事に切り開きました。
 その歩みは、初期から雄大な自然をテーマにした色絵で一貫していますが、一つの様式を完成すると次の段階でまったく斬新な色、形、技法に挑戦するといったバイタリティーに溢れています。
 浅蔵氏は自らの作品を振り返り、「10年の周期がある」という言葉を残しました。昭和20年代は明るい黄色、30年代には渋い黄色、40年代にはグリーン系が目に付き、50年代には黄色がかった複合色へと変わっていきました。そして、60年代から平成に入っては、プラチナを用いた銀彩に転じます。文化功労者顕彰と傘寿を節目に平成5年以降は「色無き色」、すなわち白釉の美へと挑戦はやむことを知りませんでした。
 浅蔵氏の作品を見て強く感じるのは、一つの小成に甘んずることなく常に新しい挑戦を続け、努力を惜しまない姿勢であり、そこには一人の作家としての確固たる意志が貫かれています。

主な館蔵品

  • 白陽夏ノ松 花盛
    白陽夏ノ松 花盛
    径53.0cm
    高14.5cm
  • 瑞鳥 飾皿
    瑞鳥 飾皿
    径62.5cm
    高8.0cm
  • 扇面ノ花 飾瓶
    扇面ノ花 飾瓶
    胴径30.0cm
    高66.5cm
  • 四季ノ花 陶板
    四季ノ花 陶板
    縦42.0cm
    横111.5cm
◀ 能美市九谷焼資料館 ▶ 能美市九谷焼陶芸館
ページトップ